自分に合ったゴルフスクールの正しい選び方
ロゴ

ゴルフスクールを選ぶときは利用料金から調べよう

自分に合ったゴルフスクールの正しい選び方

ゴルフ練習所

利用料金を調べる

東京にはいくつものゴルフスクールがあります。自分に合ったゴルフスクールを選ぶときに始めにチェックしておきたいポイントが「利用料金」です。スクールによって料金は変わるので、予算に合った料金を提示しているゴルフスクールを選ぶようにしましょう。ただし、料金が安いからといって安易に決めてはいけません。料金が安くてもサービスの質が悪いと結果的に損をしてしまうこともあります。サービスの質と料金のバランスが適正かどうかを判断するようにしましょう。

通いやすさを調べる

通いやすさも継続して通うためには重要なポイントの1つになります。駅から近いか、住んでいる家から近いか、という点はスクールを決める前にあらかじめチェックしておくようにしましょう。住んでいる家から通いやすいと、仕事が忙しいときやどうしてもやる気が出ないときにも通いやすくなります。

スクールのサービスを調べる

スクールのサービスもしっかりと確認しておきましょう。まずはプランの確認が第一です。スクールによって一ヶ月に通える回数が決まっているスクールもあれば、利用料金さえ支払えば何回でも通えるプランを提供しているスクールもあります。また、サービスと同様に講師の教え方や人柄も確かめておきましょう。講師の雰囲気は体験レッスンで確かめることも可能です。

ゴルフスクールに通う前に要チェック!ゴルフクラブの人気素材TOP5

no.1

軟鉄

ゴルフクラブで最も利用される人気の素材は「軟鉄」です。ゴルフクラブで最も使われる素材でもあります。初心者の方で素材選びに迷った方は、軟鉄のゴルフクラブを利用すると良いでしょう。

no.2

ステンレス鋼

2番目に人気の素材が「ステンレス鋼」です。ステンレス鋼素材の特徴は、ビッグサイズのヘッドの製造が可能な点です。設計次第でチタンヘッドの性能を上回ることもあるといわれています。

no.3

チタン合金

ステンレス鋼の次に人気の素材が「チタン合金」です。軽量で強度が高い点が特徴で、ドライバーのヘッドによく採用されています。アルミニウムよりは重くなりますが、他の素材に比べると軽いので、使いやすい点が魅力です。

no.4

アルミニウム合金

ゴルフクラブの人気素材ランキング第4位は、「アルミニウム合金」です。アルミニウム合金の最大の特徴は軽いことです。また、価格も安く製造することができるので、ゴルフクラブにお金をかけたくない場合にも最適な素材といえます。

no.5

タングステン

「タングステン」も人気が高い素材です。アルミニウムやチタンと違い重いことが特徴です。そのため、クラブヘッドの重心位置のコントロールで採用されています。タングステンが採用されているゴルフクラブも多くあります。

広告募集中